マニア以外の第三者にも

ビジュアルファンブックアーティストのエドワード・ゴーリーのエキシビションをめぐってきました。
俺は昔からゴーリーの力作が大好きだ。モノクロの緻密な線画、シュールレアリズム、ナンセンス、目茶目茶な脚本が成人モードでかなり味わい深いだ。同じ階級のヤンシュヴァンクマイエルや、トーベ・ヤンソンも大好きです。恐らくはこういうエキシビションに来ている人のほとんどが知っていると思います。オーディエンスは男女同じくらいの比率で、生徒らしい人から高齢のヒューマンまで沢山でした。ゴーリーは強引かつ暴力的せりふが多いので、さすがに子単独での来場はなさそうでした。ゴーリーの力作はとても子モードとは思えませんが、ゴーリー本人は子向けに力作を作っていたと言われているそうです。
今回のエキシビションでは物販空間もあり、貴重な小物を手に入れることができました。世界的にそれほど人気のある「うろんな客席」の持ち味がプリントされたマグカップ、身許カードはとりわけ興味でした。本当はセル挿図が欲しかったのですが、いくぶん高かったのでお手上げし、身許カードを購入しました。チラシも持って帰ったので、切り抜いて身許カードと共に障害に飾ってある。
国中を巡回するようなので、マニア以外の第三者にも何とぞ見てもらいたいだ。カカオトーク掲示板でピンクな出会いを実現