アピール本に載せる草案をチェック

NAVIを設定してちょい離れたモールに自家用車を運転して行きました。その時に見覚えのある小道に誘導されました。そこは、3世代事前高校生の役員を通していたときの母親のご持ち家前のショートカットでした。「このあたりにS氏の我が家があったような気がする」と思い懐かしくて探していました。そうなると借家の餌が扉の前に立っていました。「確実こちらだったハズ」という思い出をたぐり自家用車の速度を落としてすばらしく見ましたが確かにS氏のお宅でした。「お引っ越しされたのね」と思いながらついバストがキュンとして動揺してしまいました。「落ち着け落ち着け」という自分に言い聞かせモールに到着しました。
お子さんがハイスクールだった辺り、あたいはアピールの役員を3通年やっていました。S氏もおんなじ学年でアピール部でした。他の学年は8呼び名弱役員がいるのですが私達の学年は6呼び名で地味でした。高校生の学生の風貌や先生、部活、行事程度を紹介するアピール本を吐出し世代3回、3年間で9回のアピール本を支給しました。そのたびに何日か集まるのですがおんなじ学年のお母さん達と自ずと仲良くなり勉学以外でもランチタイムをするようになりました。
その3年間でおんなじ学年のお母さん達には幼子のバイクアクシデント、義理の父兄の疾患や死別、幼子の退学、長男の急死、お子さんが未婚のママになったりという一体全体色んな事が起こりました。アピール本に載せる草案をチェックしながら異存や難儀を話しました。高校生となると小中校とは違い学区がないのでみんな、少々離れている所にいるので気軽になんでも話せました。高校生の卒業ランクの先も皆で鈍いランチタイムに行きました。それから一度だけランチタイムをした事があるのですが忙しさにかまけて会っていませんでした。
勉学の3年間の役員はとても大変でした。忙し時間を割いて高校生まで赴き、アピール本の為に取材に行ったり、誤字、脱字で謝罪を載せ、次は素晴らしいアピール本を発行するぞと意気込んで過ごしてきた時間は楽しかったのだと思います。S氏のお宅の借家の餌を見てバストが痛くなったのは、いつでも出会えるとしていたからです。幾つになっても胸を熱くして夢中になって過ごした時間はある意味、青春と同じだったのかもっておこがましくも思ってしまいました。カカオトーク掲示板で失敗した男のカカオID交換術!